結婚を考えていたカッパたんとの物語⑥

「家柄が合わない」と言われ、なんとなく分かっていたとは言え、

今までの彼のご両親をみんな紹介してもらってきたけど、カッパたん?よりすごい家柄な方もいたけど、みんなご両親にも可愛がってもらってたし、なんでそんなこと言われなきゃいけないの?と言う気持ちが出てきてしまい、

「どーいうところが合わないって言ってるの?何がダメなん??

みたいなことを聞き、だんだん受け入れてもらえない事実が悲しくて、泣けてきました?

自分のダメなとこがでてしまい、完全に冷静さを欠いてしまいました。

カッパたん?は泣かせてごめんね。って感じで、だんまり。。

「カッパたん?はどうしたいの?」と聞くと、「私とは結婚したいけど、自分の両親のことで、私に苦労かけてしまうんかと思うと辛い」優しいカッパたんらしい解答が、、?

私はそんなんが欲しいのではなく

「僕にはあなたが必要だから、絶対説得させるし、ついてきて欲しい」って言葉が欲しかった。

私は

「そっか。。優しいカッパたん?らしい答えだけど、そんな気持ちならうまくいかないかもね。別れた方がよいかもね。」みたいな感じで、1回目のお別れをしました。。。

{94D4A8C7-63E3-40EF-92E3-19889CC825B8}

続きます。