やらないと損! 可愛く伝えるか伝えないかでこんなに違います!

昨年小田桐あさぎさんの魅力覚醒講座に通い、 「モテる」か「婚活」辞めるかの選択に 迫られ、 「モテる」ことを選んだ私。 【関連記事】 モテるために、 ・デートの録音(←客観的視点で分析) ・友人からフィードバックをもらう (東大生のフィードバックが鬼ほどきつくて、 泣いたこともあるW) ・モテ本の実践(1ページから、全て実践) てか、考えてみたら、基地外なほど 真面目に取り組んできたW で、それまでの人生、 私は「ぶりっ子」たるものが、大嫌いでした。 コンパにそんな女子がいたら、 全力で悪口を言っていたし、 そして、ぶりっ子に引っ掛かる男性は 更に大嫌い! そんな薄っぺらい部分しか見れない男性は 「しょうもない男」、「ろくな男じゃない」 とすら思っていました。 で、1年後の今、 全力で、モテにコミットした結果 今の私の価値観では180度変わり、 「全力でぶりっ子した方がいいよ~」 という考えに変わっている。 というか自分自身が全力でぶりっ子、女になったw そして、男性は絶対に可愛げのあるぶりっ子、 女が大好きである。 てか今まで、なんでやってこなかったのか という後悔さえあるくらいだw 昔の私でいうと ぶりっ子=自分のガラではない。 ぶりっ子=自分という人格をも 押し殺してまでしたくない。 と、本気で思っていました。 ぶりっ子は 自分の人格や価値観を変えないといけない、 自分を揺るがすものであると思っていた。 で、ぶりっ子してみて 思うけど、全然そんなことはない。 まじでそんなこと、ない! ぶりっ子はただの表現の仕方であって、 自分の価値観やそういう意見を左右するものでは ありません!! だからこそ、 彼に我儘を聞いてもらいたい! 自分の意見を押し通したい!のであれば、 尚更、 可愛く伝えた方がいいし、 尚更可愛い表現で伝えたり、 うまく甘えると、 相手は気持ちよくやってくれたりするもである。 だからこそ、早いとこ、 可愛い表現力は身に付けた方がいいと思う。 実践して、本当に心から感じるけど 男性はうまく甘えて、 可愛く伝えると、 面白いくらいにいろんなことを 気持ちよく率先して、やってくれたりする。 重い荷物を持ってくれなくて、 「気の利かない優しくない男性だな~」 と思うのではなく、 「ちょっと腕が疲れちゃった?持ってくれたら 嬉しいな~」 と、一言可愛く伝えて、やってくれたことに 可愛く、心から感謝すれば 次回からはまた男性は同じシュチエーションの時に やってくれるようになる。 表現力の磨き方は、 「小林麻耶さん」の動画を見るなどすれば磨けます。 で、 どう表現するかという観点で大切なのは、 自分だったら、相手に どう言われたら気持ちよくやろうという気になるかが pointになってきます。 自分だったら…と立場を置き換えると 同じ人間なので、分かりやすいですよ。 「○○やってー」と言われるとやる気が失せるが、 「○○に困っていて、○○君にお手伝いしてもらえたら 助かるなー」と言えば、相手も気持ちよくできたりもする。 男女関係とは言え、人と人との関わりであるため、 そこには「相手」への思いやりも大切だからこそ、 常に相手の立場にたって、どうか?という視点を持って、 可愛くブリッこすれば、 最強モテガールになるんじゃないかと 思います。